与信調査や特許の基礎知識|業務をスムーズーム

備えあれば憂いなし

手とウインドウ

ライフライン停止時の対策としてまずは水を

地震大国である日本、常に日頃から軽度の地震がどこかしらで起きており、いつ大地震が起こってもおかしくありません。大地震が起こると電気、ガス、水道などのライフラインが停止して復旧までの時間が大なり小なりとかかり、不便を生じたりします。そういった場合に備えて前もって防災グッズを取り揃えておくことが無難であり、意識しておくことが大切です。 防災グッズでまず揃えておきたいものといえば水であり、人間は食べ物を食べなくてもある程度は生命活動を維持できますが、水がないと3日ももたないとされるので水は最重要項目と言っても良いでしょう。 インターネット上では様々な防災用の保存水などが販売されており、最近でじ7年保存できる水なども販売されています。

必要な他の防災グッズは

上記で述べた水と同じくして大切なのは食料であり、食料はやはり水と同じく長期保存ができるものがよいといえます。長期保存できる食料は様々ですが、その中でもアルファ米を使用した保存食がここ最近はシェアを増やしてきており、保存年数も3年から5年と長期保存ができます。またアルファ米の多くはお湯で作るのはもちろんのこと、水からも作ることができるので防災グッズとしては非常に優秀です。 水と食料の次に必要とされる防災グッズは簡易トイレが挙げられます。なぜならライフラインが停止している場合には復旧まで時間がかかるので、その間屋内で待つ時間も長くなります。簡易トイレはそういった動けない場合に大いに役立ち、また汚物を素早く固めて手軽投棄できることができます。